家族問題 : 危機と存続

清水新二 編

社会全体との関連において危機と対処を繰り返しながらダイナミックに存続してゆく家族のありようを、具体的な問題を通してアプローチする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜいま家族危機論なのか?-問題提起に代えて
  • 第1部 家族危機の諸相(育児不安と家族の危機
  • EE研究と心理教育-危機をのりこえるための方法論
  • ドメスティック・バイオレンスと家族の揺らぎ ほか)
  • 第2部 家族の危機をどう読みとくか(家族療法家からみた現代家族の隠れた危機
  • マリッジ・カウンセリングからみた現代家族の危機
  • 非行臨床からみた家族問題 ほか)
  • 第3部 変わりゆく社会と家族問題(福祉国家とその家族-スウェーデンの場合
  • 政治的変化と家族の変動-ハンガリーの場合)
  • 現代家族の危機とノーマライゼーション

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族問題 : 危機と存続
著作者等 清水 新二
書名ヨミ カゾク モンダイ : キキ ト ソンゾク
シリーズ名 シリーズ家族はいま… 4
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2000.7
ページ数 340p
大きさ 21cm
ISBN 4623031268
NCID BA47445977
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20085988
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想