岩倉使節団

萩原延壽 著

絶頂期にあった大英帝国の「富強」の所以は何なのか。条約改正交渉が進展しないまま、岩倉ら一行は旺盛な好奇の眼を光らせ、イギリス各地を見学していた。一方サトウは、少くともその私生活は、明治5年初めの富士を眺める甲州路の旅以来、日光への旅、西国巡遊と、旅一色の感がある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 余話
  • 留守政府
  • 岩倉使節団
  • 西国巡遊

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩倉使節団
著作者等 Satow, Ernest Mason, Sir
萩原 延寿
萩原 延壽
書名ヨミ イワクラ シセツダン
書名別名 Iwakura shisetsudan
シリーズ名 遠い崖-アーネスト・サトウ日記抄 9
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2000.7
ページ数 346p
大きさ 20cm
ISBN 402257321X
NCID BA47433606
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20092488
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想