エルミタージュとサンクト・ペテルブルク

富田知佐子 著

この冊子では、サンクト・ペテルブルクという都市の歴史の中に位置づけてエルミタージュ美術館について紹介した。この美術館が世界に誇るのは、エカテリーナ二世の時代に収集された膨大な西洋絵画のコレクションであり、エルミタージュ美術館の収集史をたどってみると、ピョートル大帝からエカテリーナ二世、さらにその後継者の時代におけるロシアの国力の推移が、そのままエルミタージュの収集史に重なっていることが明らかになり、大変興味深い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 歴史のなかのサンクト・ペテルブルク
  • 2 エルミタージュの誕生
  • 3 エルミタージュ美術館のコレクション収集史
  • 4 美術館案内

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エルミタージュとサンクト・ペテルブルク
著作者等 富田 知佐子
ユーラシアブックレット編集委員会
書名ヨミ エルミタージュ ト サンクト ペテルブルク
シリーズ名 ユーラシアブックレット no.3
出版元 東洋書店
刊行年月 2000.7
ページ数 64p
大きさ 21cm
ISBN 4885952999
NCID BA47430018
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20178228
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想