金融危機と革新 : 歴史から現代へ

伊藤正直, ツル見誠良, 浅井良夫 編著

本書では、金融危機をめぐる制度と政策と市場の交錯を、国際比較の視点も含みつつ歴史的に検討し、危機の克服とシステム革新がどのように図られてきたかを提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 金融制度の形成と銀行条例・貯蓄銀行条例
  • 第2章 日露戦後恐慌と公債政策
  • 第3章 戦前期における金融危機とインターバンク市場の変貌
  • 第4章 金融危機と公的資金導入-1920年代の金融危機への対応
  • 第5章 1927年銀行法から戦後金融制度改革へ
  • 第6章 日本銀行の銀行統合構想-1940〜45年
  • 第7章 1930年代におけるイギリス労働党の「金融改革」構想とロンドン金融市場
  • 第8章 第二次大戦後のフランスにおける貯蓄対策と貯蓄観-全国貯蓄運動と繰延信用会社
  • 第9章 1965年の証券危機-封じられた「金融危機」の構図
  • 第10章 戦後アメリカにおける決済システムと資産選択運動
  • 第11章 1990年代の金融システム危機-国際比較からの論点提示

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融危機と革新 : 歴史から現代へ
著作者等 伊藤 正直
佐藤 政則
吉田 正広
杉浦 勢之
永廣 顕
浅井 良夫
矢後 和彦
神山 恒雄
粕谷 誠
野下 保利
靎見 誠良
〓見 誠良
書名ヨミ キンユウ キキ ト カクシン : レキシ カラ ゲンダイ エ
書名別名 Kin'yu kiki to kakushin
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2000.7
ページ数 420p
大きさ 22cm
ISBN 4818812617
NCID BA47428537
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20125651
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想