現時法学の理論と実践 : 伊東乾教授喜寿記念論文集

宗田親彦代表

慶応義塾大学法学部のゼミナール「伊東乾民事訴訟法研究会」の卒業生の会「乾会」による論文集。今回はテーマを民事訴訟法に限ることなく、現在関心を持っている法律分野について執筆した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 裁判論の課題
  • 離婚訴訟の訴訟物の再検討
  • 債権の証券化と倒産手続-債権の証券化のBankrupt Remoteについて
  • 民事訴訟制度の目的について
  • 個人情報保護に関する立論の再検討
  • 身体の検診を受忍すべき義務-イギリス法の現況
  • 家事調停者の基礎
  • 民法109条、110条の重畳適用について
  • 懲罰的損害賠償を命ずる米国判決の承認
  • 独立当事者参加訴訟の二当事者間訴訟への還元〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現時法学の理論と実践 : 伊東乾教授喜寿記念論文集
著作者等 伊東 乾
宗田 親彦
書名ヨミ ゲンジ ホウガク ノ リロン ト ジッセン : イトウ ススム キョウジュ キジュ キネン ロンブンシュウ
出版元 慶応義塾大学
刊行年月 2000.5
ページ数 336p
大きさ 22cm
ISBN 4766408128
NCID BA4741388X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20079394
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想