H2O : 水の伝記

フィリップ・ボール 著 ; 荒木文枝 訳

水は地球上のいたるところにあり、極めて重要であるにもかかわらず、未だに驚くほど多くの科学的な謎が残っている。水とはいったい何なのか?本書はこの最も基本的でどこにでもある物質の不思議な特徴について、わかっていることといないことを具体的に説明してくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 コズミック・ジュース(最初の洪水
  • 地球の血液 ほか)
  • 第2部 二本の手、二本の足(原理の解明
  • 天と地の間 ほか)
  • 第3部 生命の母体(本物の不老不死の霊薬
  • 内宇宙)
  • 第4部 変わった混合物(高慢と偏見と病理学
  • もっと強い一滴)
  • エピローグ 青い黄金

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 H2O : 水の伝記
著作者等 Ball, Philip
荒木 文枝
ボール フィリップ
書名ヨミ H2O : ミズ ノ デンキ
書名別名 H2O.

H[2]O

H2O
シリーズ名 Newton science series
出版元 ニュートンプレス
刊行年月 2000.7
ページ数 324p
大きさ 22cm
ISBN 431551571X
NCID BA47396860
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20079590
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想