哲学を読む

大浦康介, 小林道夫, 富永茂樹 編

古代ギリシア哲学のヘラクレイトスから現代思想のドゥルーズまで、計35人の哲学者を取り上げ代表作の一節にじかに触れるとともに、その人の哲学の全体像を的確に解説する通史的西洋哲学アンソロジー。哲学の入門・解説書はあまたあるが、本書の特徴は原文に触れることにある。だから書名は「哲学を読む」。なるべく哲学的発想の原点にたちかえり、「考える愉しみ」を味わえるように編集。より深い理解と読書のために参考文献と関連年表を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古代・中世(ヘラクレイトス-宇宙秩序としてのロゴス
  • デモクリトス-アトムと空虚
  • プラトン-"自然"から"善"へ ほか)
  • 近世(ベーコン-四つのイドラ
  • デカルト-「我思う、ゆえに我有り」
  • パスカル-幾何学の精神と繊細の精神 ほか)
  • 現代(ミル-功利計算を超えて
  • マルクス-商品の物神的性格
  • パース-記号的人間 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学を読む
著作者等 大浦 康介
富永 茂樹
小林 道夫
書名ヨミ テツガク オ ヨム : カンガエル タノシミ ノ タメニ
書名別名 考える愉しみのために
出版元 人文書院
刊行年月 2000.6
ページ数 298p
大きさ 21cm
ISBN 4409040472
NCID BA47394708
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20083775
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想