UMLモデリングのエッセンス : 標準オブジェクトモデリング言語入門

マーチン・ファウラー, ケンドール・スコット 著 ; 羽生田栄一 監訳

統一モデリング言語UML(Unified Modeling Language)とは、システムモデルの表記法です。OMG(Object Management Group)によって標準化され、開発者の間では、オブジェクト指向のソフトウェア開発に不可欠なものであるという認識が定着してきています。UMLを利用すると、ソフトウェアシステムのモデリングプロセスをわかりやすく設計でき、さまざまなオブジェクト指向の発想や提案を共有し、発展させることができます。本書は、UMLの主要な部分と開発プロセスでUMLが果たす役割を明快に説明しています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 UMLの概要
  • 第2章 開発プロセスの概要
  • 第3章 ユースケース
  • 第4章 クラス図:基本的要素
  • 第5章 相互作用図
  • 第6章 クラス図:拡張的概念
  • 第7章 パッケージとコラボレーション
  • 第8章 状態図(ステートチャート図)
  • 第9章 アクティビティ図
  • 第10章 物理図
  • 第11章 UMLとプログラミング

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 UMLモデリングのエッセンス : 標準オブジェクトモデリング言語入門
著作者等 Fowler, Martin
Scott, Kendall
羽生田 栄一
スコット ケンドール
ファウラー マーチン
書名ヨミ UML モデリング ノ エッセンス : ヒョウジュン オブジェクト モデリング ゲンゴ ニュウモン
書名別名 UML distilled. (2nd ed.)

UML moderingu no essensu
シリーズ名 Object oriented selection
出版元 翔泳社
刊行年月 2000.4
版表示 第2版.
ページ数 165p
大きさ 23cm
ISBN 4881358642
NCID BA47382607
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20059139
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想