現象学の思想

木田元 著

20世紀初頭にフッサールによって創唱された現象学は、哲学のみならずその後の諸思想に大きな知的革新の役割を果たした。本書は,"現象学とは何か""フッサールとハイデガー""メルロ=ポンティと構造の概念""メルロ=ポンティと「制度化」の概念""現象学と弁証法"の5篇の論考を収録し、現象学の成立と展開、その核心を考察する。文庫版オリジナル。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現象学とは何か
  • フッサールとハイデガー-ブリタニカ論文草稿群をめぐって
  • メルロ=ポンティと構造の概念-覚え書
  • メルロ=ポンティと「制度化」の概念
  • 現象学と弁証法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現象学の思想
著作者等 木田 元
書名ヨミ ゲンショウガク ノ シソウ
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2000.7
ページ数 221p
大きさ 15cm
ISBN 448008570X
NCID BA47376648
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20086996
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想