証言・核抑止の世紀 : 科学と政治はこう動いた

吉田文彦 著

「恐怖の均衡」の実像に迫る。水爆の父テラー、ゴルバチョフら米国・旧ソ連の当事者から聞き出した核時代の真実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 核時代の幕開け
  • 2 戦時下の核兵器研究
  • 3 冷戦のスタート
  • 4 水爆の誕生
  • 5 核抑止論の展開
  • 6 核実験継続への闘い
  • 7 冷戦下の米核戦略の変遷
  • 8 ABMの紆余曲折
  • 9 レーガンの登場と戦略防衛
  • 10 新たな展開とSDIの命運
  • 11 INF全廃条約調印
  • 12 冷戦の幕引きとSDIのその後
  • 13 チェルノブイリ事故と核軍縮
  • 14 "核の冬"論争

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 証言・核抑止の世紀 : 科学と政治はこう動いた
著作者等 吉田 文彦
書名ヨミ ショウゲン カク ヨクシ ノ セイキ : カガク ト セイジ ワ コウ ウゴイタ
シリーズ名 朝日選書 655
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2000.7
ページ数 320, 17p
大きさ 19cm
ISBN 4022597550
NCID BA47355579
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20086120
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想