ゆくてはるかに : 神戸女子神学校物語

竹中正夫 著

日本最古の女子神学校をめぐる壮大なドラマ。男性中心の日本の社会や教会にあってどのような意図で女子神学校は創られ、どのような人が何を学び、生きたのか。隠れた女性たちの働きに初めて光をあてた画期的な日本キリスト教史の一断面。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 忍びのこころ
  • 第1章 ゆっくりたしかに-草叢期・1880年‐1896年
  • 第2章 のぞみはゆたかに-内実期・1897年‐1913年
  • 第3章 かよわきこの身を-形成期・1914年‐1930年
  • 第4章 ゆかしきみむね-変換期・1930年‐1941年
  • 第5章 よびさますもの-余韻

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゆくてはるかに : 神戸女子神学校物語
著作者等 竹中 正夫
書名ヨミ ユクテ ハルカニ : コウベ ジョシ シンガッコウ モノガタリ
出版元 教文館
刊行年月 2000.6
ページ数 432, 35p
大きさ 19cm
ISBN 4764265494
NCID BA47342420
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20164358
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想