発光の物理

小林洋志 著

本書では、まず基礎的な問題として、発光現象、高温物体からの発光、電子と光の相互作用(光学遷移)、誘導放出とレーザなどについて説明した。次に、広く利用されている発光デバイスの材料である、蛍光体材料や半導体発光材料の発光の物理を取り扱った。また、半導体中の電子の量子効果についても説明した。最後に、発光デバイスの例として、照明デバイス、ディスプレイデバイス、発光ダイオードや半導体レーザダイオードなどを取り上げ、発光現象や発光材料がどのように利用されているかを述べた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序章-暮らしの中の光(光と生活
  • 光とエレクトロニクス ほか)
  • 2 発光現象の物理(さまざまな発光現象
  • 高温物体からの発光 ほか)
  • 3 発光材料の物理(さまざまな発光材料
  • 蛍光体材料の物理 ほか)
  • 4 発光デバイスの物理(さまざまな発光デバイス
  • 照明デバイスとディスプレイデバイス ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発光の物理
著作者等 小林 洋志
書名ヨミ ハッコウ ノ ブツリ
シリーズ名 現代人の物理 7
出版元 朝倉書店
刊行年月 2000.6
ページ数 206p
大きさ 22cm
ISBN 4254136277
NCID BA47338933
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20081874
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想