ドイツ法・ヨーロッパ法の展開と判例 : 国際共同研究「裁判所の役割」第3期

川添利幸, 小島武司 編

本書は、日本比較法研究所創立40周年を契機として発足した研究計画の一つである国際共同研究「裁判所の役割」プロジェクト第3年目(最終年度)の成果の一部である。ドイツからB.グロスフェルト、K.J.ホプト、K.W.ネル、T.オッパーマン、およびR.A.シュッツェの諸教授をお招きして法の展開と判例という問題関心を核とするラウンド・テーブルを1992年9月29日、同10月6日の両日にわたって行なった。その成果を収めるものが本書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 法律と現実に挾まれた裁判官-第一次世界大戦と超インフレーションのショックへのライヒ最高裁判所の対応
  • 第2章 ヨーロッパ会社法
  • 第3章 Die Aufkl¨arugns‐,Warn‐und Beratungspflichten der Banken in der Rechtsprechung des deutschen Bundesgerichtshofe
  • 第4章 国際民事訴訟における法源としての判例の意義
  • 第5章 マーストリヒト条約によるヨーロッパ共同体の組織

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ法・ヨーロッパ法の展開と判例 : 国際共同研究「裁判所の役割」第3期
著作者等 小島 武司
川添 利幸
書名ヨミ ドイツホウ ヨーロッパホウ ノ テンカイ ト ハンレイ : コクサイ キョウドウ ケンキュウ サイバンショ ノ ヤクワリ ダイ 3キ
シリーズ名 日本比較法研究所研究叢書 51
出版元 中央大学出版部
刊行年月 2000.6
ページ数 147p
大きさ 22cm
ISBN 4805705507
NCID BA47333576
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20081829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想