平川彰著作集  第11巻 (原始仏教の教団組織 1)

平川彰 著

釈尊がその教団で実現せんとした平和=和合僧とは?その内容と実現方法の分析から、世俗の法律、さらには戒と律との概念の違いを闡明し、当時の僧院の実像と底流にある思想を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 原始仏教におけるサンガの意義(仏教以前のサンガ
  • 仏教僧伽の特質
  • サンガの超世間性と国家権力との関係
  • 仏教教団における僧伽の位置-四衆・五衆・七衆との関係
  • 仏教におけるサンガ形成の歴史
  • サンガと統率者)
  • 第2章 サンガ結合の精神的紐帯(サンガへの入団
  • 戒と律
  • 戒体と戒の得捨
  • サンガ統制のための罰則)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平川彰著作集
著作者等 平川 彰
書名ヨミ ヒラカワ アキラ チョサクシュウ
書名別名 原始仏教の教団組織
巻冊次 第11巻 (原始仏教の教団組織 1)
出版元 春秋社
刊行年月 2000.6
ページ数 326, 16p
大きさ 22cm
ISBN 4393111613
NCID BA47331151
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20094759
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想