危ない生命操作食品

天笠啓祐 著

クローン牛、染色体操作の魚、植物の細胞や昆虫からつくるタンパク質…食卓には「いびつな自然」の産物が急増中。生命を意図的に操作した食品と技術の問題点、避け方がよくわかる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 米が危ない
  • 第2章 植物の生命を操る技術
  • 第3章 危険な遺伝子組み換え作物・飼料
  • 第4章 畜産クローンの時代
  • 第5章 一般化したバイオ魚
  • 第6章 第二世代遺伝子組み換え食品の登場
  • 第7章 昆虫工場と生物農薬
  • 第8章 化学企業による食糧支配
  • 第9章 日本政府が進めるバイオ戦略
  • 第10章 生命操作食品への立ち向かい方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 危ない生命操作食品
著作者等 天笠 啓祐
書名ヨミ アブナイ セイメイ ソウサ ショクヒン
シリーズ名 シリーズ・安全な暮らしを創る 7
出版元 コモンズ
刊行年月 2000.5
ページ数 125p
大きさ 21cm
ISBN 490664029X
NCID BA47310821
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20069800
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想