それは危機からはじまった : 『新世紀エヴァンゲリオン』、『アンダーグラウンド』、『失楽園』、そして…

高橋敏夫 著

90年代末、子供から老人までを、巨大な「危機」が襲う-。それは様々な危機管理を突破し、あふれだしていく。三つの物語(新世紀エヴァンゲリオン・失楽園・アンダーグラウンド)四つの出来事(神戸の事件・鬼畜系・もののけ現象・14歳少年撲殺事件)から得体の知れない「危機」の影をとらえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「情報の交叉点」と遭遇した(それは、危機からはじまった/『アンダーグラウンド』の場合
  • それは、危機からはじまった/『失楽園』の場合 ほか)
  • 2 「危機」物語は九五年にはじまる(かかわりのない三つの物語/読者層も、ジャンルも、メディアも
  • 一九九五年にはじまり/九六、九七年とひたすら膨張する物語 ほか)
  • 3 危機管理から「危機」があふれだす(「危機」というキイワード/バブル経済の「危機管理」からはじまった
  • 管理を無効化する「危機」/九五年体験は社会の危機管理へむかう ほか)
  • 4 鬼畜系が「危機」を手なずける(「鬼畜」系は「危機」を楽しんでしまう/積極的な対処法として
  • 「あぶない」を競い合う/「差別語」は妄想の死である ほか)
  • 5 『新世紀エヴァンゲリオン』と心・家族・一四歳(『THE END OF EVANGELION』/虚脱感が怒りと失望と悲しみをつつむ
  • 異化する劇場/かしこいファンをつくりだせるか ほか)
  • 6 『アンダーグラウンド』と日本人・社会的責務(「アンダーグラウンド」とはなにか/村上春樹の転換をあらわすものとしての
  • 「危機」の表象としてのアンダーグラウンド/「日の光の下で生きていかなくてはならない」とは ほか)
  • 7 『失楽園』と「性愛」、そしてなにもなくなった(これも「劇場」だった/なにもない物語として
  • 「危機」からはじまる/求められるものとしての ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 それは危機からはじまった : 『新世紀エヴァンゲリオン』、『アンダーグラウンド』、『失楽園』、そして…
著作者等 高橋 敏夫
書名ヨミ ソレ ワ キキ カラ ハジマッタ : シンセイキ エヴァンゲリオン アンダーグラウンド シツラクエン ソシテ
書名別名 Sore wa kiki kara hajimatta
出版元 論創社
刊行年月 1998.1
ページ数 294p
大きさ 21cm
ISBN 4846001326
NCID BA47301784
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99016449
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想