反抗する文学 : プラトンからデリダまでの哲学を敵として

マーク・エドマンドソン 著 ; 浅野敏夫 訳

文学なんぞなくなってしまえ-そういう願いから西欧の文学批評は始まった。プラトンからデリダに至るその系譜を批判して詩を擁護する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論-古代の論難ひとつ
  • 第1章 死角のレトリック-コールリッジからド・マンまで
  • 第2章 現前に逆らう理論装置
  • 第3章 現実の歴史
  • 第4章 フーコー株式会社
  • 第5章 影響のもとに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反抗する文学 : プラトンからデリダまでの哲学を敵として
著作者等 Edmundson, Mark
浅野 敏夫
エドマンドソン マーク
書名ヨミ ハンコウスル ブンガク : プラトン カラ デリダ マデノ テツガク オ テキ ト シテ
書名別名 Literature against philosophy,Plato to Derrida

Hankosuru bungaku
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 682
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2000.6
ページ数 388, 9p
大きさ 20cm
ISBN 4588006827
NCID BA4726761X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20108335
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想