初期アルファベットの歴史

ヨセフ・ナヴェー 著 ; 津村俊夫, 竹内茂夫, 稲垣緋紗子 訳

文字を書くことは話し言葉を体系的に記述するために図記号を使用することであり、初期の文字は語あるいは音節を表わす数多くの絵文字から成り立っていた。この文字記号の数を最低限に減らすこと、それがつまりアルファベットの案出であった。ギリシア・ローマ時代に導入され西洋文明の展開に重要な役割を果たしてきたアルファベット文字の発達の歴史を、紀元前1700年頃のその発端にまで遡り、近代文字として具体化するまでの道のりをたどるもので、西セム語の碑銘学・古文書学への入門書として、読者を古代のロマンに誘う。

「BOOKデータベース」より

ギリシア・ローマ時代に導入され西洋文明の展開に重要な役割を果たしてきたアルファベット文字の発達の歴史を、紀元前1700年頃のその発端にまで遡り、近代文字として具体化するまでの道のりをたどるもので、西セム語の碑銘学・古文書学への入門書として、読者を古代のロマンに誘う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序章(碑文と写本
  • 碑銘学と古文書学
  • 文字と書体の発展
  • セム諸語と諸文字)
  • 2 セム文字の出現(背景
  • アルファベットの始まり)
  • 3 南セム文字
  • 4 西セム文字(フェニキア文字
  • ヘブル文字
  • アラム文字
  • フェニキア文字、ヘブル文字、アラム文字の形状の比較
  • イスラエルの近隣の諸文字
  • ヘブル文字からユダヤ文字への変化)
  • 5 アラム文字から生まれ出た諸文字(イラン圏におけるアラム文字
  • 東方におけるアラム文字
  • ナバテア文字と、アラビア文字の誕生
  • ユダヤ文字)
  • 6 ギリシア文字アルファベットの古さ

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序章
  • 2 セム文字の出現
  • 3 南セム文字
  • 4 西セム文字
  • 5 アラム文字から生まれ出た諸文字
  • 6 ギリシア文字アルファベットの古さ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 初期アルファベットの歴史
著作者等 Naveh, Joseph
津村 俊夫
稲垣 緋紗子
竹内 茂夫
ナヴェー ヨセフ
書名ヨミ ショキ アルファベット ノ レキシ
書名別名 Early history of the alphabet

Shoki arufabetto no rekishi
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2000.7
ページ数 242, 4p 図版24p
大きさ 20cm
ISBN 4588022032
NCID BA47263426
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20105469
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想