社会的ジレンマ : 「環境破壊」から「いじめ」まで

山岸俊男 著

違法駐車、いじめ、環境破壊等々、「自分一人ぐらいは」という心理が集団全体にとっての不利益を引き起こす社会的ジレンマ問題。数々の実験から、人間は常に「利己的」で「かしこい」行動をとるわけではなく、多くの場合、「みんながするなら」という原理で動くことが分かってきた。この「みんなが」原理こそ、人間が社会環境に適応するために進化させた「本当のかしこさ」ではないかと著者は考える。これからの社会や教育を考える上で重要なヒントを与えてくれるユニークな論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イソップのねずみと環境破壊
  • 第2章 社会的ジレンマの発生メカニズム
  • 第3章 不信のジレンマと安心の保証
  • 第4章 ジレンマを生きる
  • 第5章 「かしこさ」の呪縛を超えて
  • 第6章 社会的ジレンマの「解決」を求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会的ジレンマ : 「環境破壊」から「いじめ」まで
著作者等 山岸 俊男
書名ヨミ シャカイテキ ジレンマ : カンキョウ ハカイ カラ イジメ マデ
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2000.7
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 4569611745
NCID BA47257434
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20079871
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想