フランコスペイン現代史の迷路

色摩力夫 著

人間として「面白くもおかしくもない秀才」が戦前・戦後の40年に亙って独裁権力を行使し得たのはなぜか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 模範将校はいかにして形成されたか(フランコの出自
  • 近代スペインの背景
  • 異例の昇進 ほか)
  • 第2部 スペイン内戦(蜂起の前夜
  • クーデターの決行
  • 内戦への変貌 ほか)
  • 第3部 第二次世界大戦(第二次大戦の勃発
  • 参戦と中立のはざまで
  • 内政の危機 ほか)
  • 第4部 戦後の生残り戦略(籠城コンプレクス
  • 国際社会への復帰
  • ファランへ党政権の終焉 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランコスペイン現代史の迷路
著作者等 色摩 力夫
書名ヨミ フランコ スペイン ゲンダイシ ノ メイロ
シリーズ名 中公叢書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2000.6
ページ数 349p
大きさ 20cm
ISBN 412003013X
NCID BA47194924
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20092608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想