野望としての教養 : 大学講義

浅羽通明 著

飾りものの"知"よ、さらば!今こそ、ほんとうに使える"教養"を-。来たるべき時代を生き抜くための大学講義全15講。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 教養という野望
  • 「相続」が衰退した時代の"教養復興"
  • 啓蒙のジレンマ-個我の確立は強制し得るか
  • 近代以前(「教養」はいかに消費されたか
  • 「趣味」から「拠りどころ」へ・朱子学自発主義の矛盾
  • 異物・妖怪としての学問と知識人)
  • 「トイレの花子さん」のために-空き部屋に宿る魔をめぐって
  • 「名前」(準拠集団を標識するものとして
  • 人格統合の指標として)
  • 「個」は部屋がつくる(自我を宿らせる隠れ家
  • 思想体系としての間取り)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 野望としての教養 : 大学講義
著作者等 浅羽 通明
書名ヨミ ヤボウ ト シテノ キョウヨウ : ダイガク コウギ
出版元 時事通信社
刊行年月 2000.6
ページ数 525p
大きさ 21cm
ISBN 4788700638
NCID BA47185005
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20081473
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想