東洋平和の鍵 : シンガポール大根拠地

アルフイド・バルク 著 ; 山内明 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 東洋平和之鍵
  • (シンガポール大根據地)
  • 資料
  • 第一 作戰上より觀たる太平洋の現實(現代海軍作戰上根據地の大價値と新嘉坡等)英國海軍大將サー、バーリー、トムヴイル稿 / 147
  • 第二 日英對抗と新嘉坡根據地海軍少將森電三稿 / 163
  • 第三 幕末邦人の眼に映じたる新嘉坡 / 201
  • 山内作左衞門信恭(譯者の會祖父)の事績摘要 / 213
  • 附錄
  • 第一 新嘉坡關係事項 / 217
  • 第二 英、米國防關係事項 / 241
  • 緖言 / 1
  • 第一章 極東のジブラルタル / 4
  • 第一節 艦隊根據地としての新嘉坡軍港並要塞 / 4
  • 第二節 艦隊作戰と其の根據地 / 7
  • 第三節 新嘉坡根據地と日英關係 / 10
  • 第二章 新嘉坡の建設工事 / 12
  • 第一節 根據地設備並附近の狀況 / 12
  • 第二節 根據地としての現能力、熱帶と白人 / 18
  • 第三章 新嘉坡の守備總兵力 / 21
  • 第一節 配備兵力、熱帶と軍隊 / 21
  • 第二節 日本及他民族への威壓 / 26
  • 第四章 新嘉坡の戰略的大意義 / 28
  • 第一節 對日意義 / 28
  • 第二節 日本の防備 / 32
  • 第五章 馬來半島橫斷クラ運河の風評 / 35
  • 第一節 新嘉坡と蘭領印度 / 35
  • 第二節 クラ運河の價値 / 37
  • 第三節 日、英對立と暹羅及伊太利 / 43
  • 第六章 南洋に於ける日本 / 47
  • 第一節 最少抵抗の法則 / 47
  • 第二節 日本の南進 / 50
  • 第七章 日本に依る南洋の平和的融合 / 54
  • 第一節 日本を阻止するもの / 54
  • 第二節 南洋の大資源と日本人 / 56
  • 第三節 日本人と熱帶 / 59
  • 第八章 日本の貿易 / 64
  • 第一節 對南洋貿易 / 64
  • 第二節 日本の南進と西進 / 68
  • 第九章 日本商品の凱旋行進 / 74
  • 第一節 日英の經濟的對立 / 74
  • 第二節 日本商品の特長 / 78
  • 第一〇章 日本の大コンツエルンの優秀さ / 80
  • 第一節 貿易組織と統制 / 81
  • 第二節 日本の南進と新嘉坡 / 87
  • 第一一章 新嘉坡の政治的背景 / 98
  • 第一節 英國對外攻策の變遷 / 89
  • 第二節 長期戰と資源の大價値 / 93
  • 第一二章 日英の對立と日、獨、蘇、支 / 95
  • 第一節 日露戰爭と世界大戰 / 95
  • 第二節 日、蘇、支關係と宣傳 / 99
  • 第一三章 日本のアジアに於ける使命 / 102
  • 第一節 アジアの實情と日本 / 102
  • 第二節 日、英、蘭の關係 / 106
  • 第一四章 アジアの自主思想(獨立計畫) / 109
  • 第一節 宣傳戰と日本商品 / 109
  • 第二節 アジア民族の覺醒と日英關係 / 115
  • 第一五章 日本に對する英國の包圍政策 / 119
  • 第一節 英國の新國策と共產主義 / 119
  • 第二節 日、支親善の根本關係 / 123
  • 第三節 日、英、蘇、支と新嘉坡 / 128
  • 第一六章 新嘉坡創設者の苦心と其の現況 / 129
  • 第一節 スタンフオード・ラツフルス卿の經歷 / 129
  • 第二節 日、英衝突と新嘉坡 / 134
  • 第三節 新嘉坡の現況 / 137
  • 第四節 地名の語源と略史 / 140
  • 第五節 華府軍縮會議以後の新嘉坡 / 145

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 東洋平和の鍵 : シンガポール大根拠地
著作者等 Balk, Arvid
山内 明
アルフイド・バルク
書名ヨミ トウヨウ ヘイワ ノ カギ : シンガポール ダイ コンキョチ
書名別名 Toyo heiwa no kagi
出版元 日本探検協会
刊行年月 昭13
版表示 特製
ページ数 255p 肖像
大きさ 23cm
NCID BA47172455
BA82446821
BN1410842X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47035569
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想