荒旅に立つ : 日蓮

佐木秋夫 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 再版にあたつて
  • 一 環境と家系
  • 1 新生兒 / 1
  • 2 生國安房 / 5
  • 3 賤民-宗教的隷民 / 9
  • 4 安房の宗教史 / 15
  • 5 安房の「賤民」 / 24
  • 6 出生日の「神祕」 / 29
  • 7 僞「紋章」 / 36
  • 二 幼年期
  • 1 出生 / 41
  • 2 三つ兒の魂 / 48
  • 3 大飢饉 / 59
  • 三 清澄寺時代
  • 1 入山の年と動機 / 66
  • 2 清澄寺 / 73
  • 3 神祕的幻視 / 83
  • 4 天台沙門是聖房 / 96
  • 四 佛教の傳統
  • 1 法華經と大乘 / 103
  • 2 天台神學 / 123
  • 3 平安佛教 / 129
  • 4 新興佛教の進出 / 135
  • 5 既成教團の對策 / 143
  • 五 念佛排撃
  • 1 既定の態度 / 152
  • 2 學林遍歴 / 159
  • 3 一撃 / 164
  • 六 鎌倉の陋居
  • 1 故山遁走 / 172
  • 2 鎌倉の陋居 / 174
  • 3 惱む國土 / 182
  • 4 周圍の人々 / 185
  • 七 裁判鬪爭
  • 1 『安國論』 / 190
  • 2 暴民の襲撃 / 197
  • 3 伊豆流寓 / 204
  • 八 故郷の紛爭
  • 1 流血 / 215
  • 2 東條郷 / 218
  • 3 暫時の休養 / 228
  • 九 「豫言」の適中
  • 1 再び鎌倉へ / 232
  • 2 蒙古牒状 / 236
  • 3 佛天の治罰 / 241
  • 4 我を用ひずば / 243
  • 一〇 佐渡配流
  • 1 「龍ノ口法難」 / 253
  • 2 逮捕から流罪へ / 263
  • 3 佐渡の生活 / 268
  • 4 我は神なり / 275
  • 一一 身延の晩年 / 282
  • 一二 旅路の終り / 288
  • 一三 後を繼ぐもの / 290
  • 年譜 / 294
  • 參考書 / 298
  • 『日蓮像を剥ぐ』 / 300

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 荒旅に立つ : 日蓮
著作者等 佐木 秋夫
書名ヨミ アラタビ ニ タツ : ニチレン
書名別名 Aratabi ni tatsu
シリーズ名 伝記選書
出版元 月曜書房
刊行年月 昭和23
ページ数 301p 図版
大きさ 19cm
NCID BA47144744
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46003580
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想