プロテオーム解析法 : タンパク質発現・機能解析の先端技術とゲノム医学・創薬研究

礒辺俊明, 高橋信弘 編

ここで取り上げるプロテオーム解析は、ゲノム機能の解明に向けた機能ゲノム研究の中核として期待され、今後最も進歩を促すべき分野として注目されている(Nature,402:703‐720,1999)。その理由は、プロテオーム研究が対象とするタンパク質こそがゲノムに刻まれた生命情報の最終産物であり、生命が織りなすあらゆる現象がプロテオームのダイナミックな変動によって担われていることによっている。一方、1つのゲノムがもつすべてのタンパク質の包括的な解析を目標とするプロテオーム研究には、膨大なゲノム情報を背景とした新しい研究の発想と、発想を現実化するための挑戦的な技術的課題が山積している。本書は、こうした「プロテオーム」の概念とともに、現在最も一般的な解析技術の網羅的解説、今後有望な技術についての展望、ならびに応用例の解説で構成されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 総論
  • 第2章 タンパク質プロファイリング技術
  • 第3章 プロテオミクスのためのタンパク質同定法
  • 第4章 タンパク質相互作用リンケージ解析法
  • 第5章 プロテオームデータベース
  • 第6章 生命科学研究への応用
  • 第7章 プロテオーム解析技術の将来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プロテオーム解析法 : タンパク質発現・機能解析の先端技術とゲノム医学・創薬研究
著作者等 礒辺 俊明
高橋 信弘
書名ヨミ プロテオーム カイセキホウ : タンパクシツ ハツゲン キノウ カイセキ ノ センタン ギジュツ ト ゲノム イガク ソウヤク ケンキュウ
書名別名 Puroteomu kaisekiho
シリーズ名 ポストゲノム時代の実験講座 2
実験医学別冊 2
出版元 羊土社
刊行年月 2000.7
ページ数 282p
大きさ 26cm
ISBN 4897069335
NCID BA47139256
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20084134
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想