MRIの原理と撮像法 : 基礎から高速撮像まで

杉村和朗 編

MRIは、臨床の場において日々急速に普及している低侵襲の画像検査法である。また、他のmodalityにない複雑でかつ高度な理論に裏づけられた極めて有用性の高い検査法であり、MR装置の高速化、高性能化に伴い、種々の撮像技術が臨床の場において現実のものになってきている。そこで、up to dateなMRIについて、最新の撮像技術をベースに、各領域ごとに主要な撮像法について解説し、さらに正常解剖の読影から具体的な症例呈示まで、画像診断する上で必要な基本的な知識と最新の進歩を簡潔にまとめた。画像診断する上で実際に「現場」ですぐに役立つ実践的かつ実用的なテキストである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 MRIの基礎
  • 2 基本撮像法
  • 3 造影剤
  • 4 高速撮像法
  • 5 アーチファクト
  • 6 MR装置
  • 7 各種撮像法
  • 8 MRIの安全性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 MRIの原理と撮像法 : 基礎から高速撮像まで
著作者等 杉村 和朗
書名ヨミ MRI ノ ゲンリ ト サツゾウホウ : キソ カラ コウソク サツゾウ マデ
シリーズ名 現場で役立つ臨床MRIシリーズ / 杉村和朗 監修 1
出版元 メジカルビュー社
刊行年月 2000.6
ページ数 175p
大きさ 26cm
ISBN 4895538273
NCID BA47107409
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20074960
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想