森との共生 : 持続可能な社会のために

藤森隆郎 著

21世紀における人類最大の課題は「いかにして持続可能な社会を構築してゆくか」にある。それは、資源循環型の社会であり、環境保全に優れた社会を作り上げることである。その象徴的な問題が「森林との共生」であり、そこには「農山村と都市との共生」、「世界の国々との共生」、そして「次世代以降の人々との共生」等の様々な問題が含まれている。本書では、森林とはなにか、その抱える問題とはなにか、等の基礎的な知識から、森林の保全・管理の方法まで、誰もが共通の知識を持てるように、さらに持続可能な森づくり、住民参加の森づくりの有り方を解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 いま森林について何が問題か
  • 2 森林とはなにか
  • 3 世界の森林と日本の森林
  • 4 森林と人間のつきあいの歴史
  • 5 森林の機能
  • 6 森林の取り扱いの個別技術
  • 7 森林の機能をどう引き出すか
  • 8 これからの社会に向けた持続可能な森林の管理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森との共生 : 持続可能な社会のために
著作者等 藤森 隆郎
書名ヨミ モリ トノ キョウセイ : ジゾク カノウナ シャカイ ノ タメニ
シリーズ名 丸善ライブラリー
出版元 丸善
刊行年月 2000.6
ページ数 236p
大きさ 18cm
ISBN 4621053221
NCID BA47068147
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20088062
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想