沖縄の旅・アブチラガマと轟の壕 : 国内が戦場になったとき

石原昌家 著

沖縄県本島南部にはガマとよばれる自然洞窟がいくつもある。半世紀前の戦争中にこのガマは避難壕として軍・民双方に使用されていた。本書に登場する「アブチラガマ」も「轟の壕」もそうした避難所のひとつだった。ガマでなにが起こっていたのか。人びとの忘却の彼方にあったこれらガマの記憶をたどる石原教授たちの調査行は、取材開始から25年の歳月を要することになる。半世紀をへて、よみがえる真実とはなんだったのか?裁かれざる「犯罪」は放置されたまま、闇のなかに眠るのか。「洞窟の惨劇」はいま姿を現そうとしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 アブチラガマ(糸数壕)-陣地・病院・軍民同居の洞窟(洞窟陣地壕-1945年2月〜4月30日
  • 南風原陸軍病院糸数分室-1945年5月1日〜6月2日
  • 軍民一体化-1945年6月3日〜8月22日)
  • 第2部 轟の壕-日本兵が支配した洞窟(沖縄県庁職員
  • 女子防空監視隊員
  • 避難民)
  • 補遺編 沖縄戦の経過

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沖縄の旅・アブチラガマと轟の壕 : 国内が戦場になったとき
著作者等 石原 昌家
書名ヨミ オキナワ ノ タビ アブチラガマ ト トドロキ ノ ゴウ : コクナイ ガ センジョウ ニ ナッタ トキ
書名別名 Okinawa no tabi abuchiragama to todoroki no go
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2000.6
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4087200361
NCID BA47060586
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20128540
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想