新事業開発の戦略と組織 : プロトタイプの構築とドメインの変革

山田幸三 著

本書の第1部では、新事業開発の成功確率を高めるためには、母体組織の機構改革や風土・文化の変革という基盤的要因としての新事業開発の土壌づくりとともに、何をねらいとする新事業開発なのかを明確にして、新事業戦略と新事業管理システムからなる、新事業プロジェクトを支援する開発体制の構築が鍵となることを明らかにし、戦略と組織の有機的な結合による新事業開発の原型を導き出している。第2部では、第1部で得られた結果をもとに、新事業開発のプロトタイプに対応する事例研究によって、新事業開発を駆動力とするドメインの変革について、理論的、および実践的な示唆を導き出した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 新事業開発のプロトタイプ(新事業開発の分析視角
  • 新事業開発の測定
  • 新事業開発の成果と戦略・組織
  • 新事業開発のモデル企業
  • 新事業開発のプロトタイプ)
  • 第2部 新事業開発とドメインの変革(新事業開発のプロトタイプとドメイン
  • 創発性重視のプロトタイプ-提案者出資型社内ベンチャー制度の導入
  • 戦略主導重視のプロトタイプ-非関連事業分野への進出
  • 新事業開発とドメインの変革)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新事業開発の戦略と組織 : プロトタイプの構築とドメインの変革
著作者等 山田 幸三
書名ヨミ シンジギョウ カイハツ ノ センリャク ト ソシキ : プロトタイプ ノ コウチク ト ドメイン ノ ヘンカク
出版元 白桃書房
刊行年月 2000.5
ページ数 269p
大きさ 22cm
ISBN 4561233253
NCID BA47060462
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20074621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想