書字が教えてくれる

福原義春, 石川九楊 著

「手で書く」ことには、こんなにも意味があった。ワープロ、パソコンはほんとうに必要なのか。書家・石川九楊が解き明かす「言葉」「文字」「書」そして「触覚」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「書」を始める時期
  • 「篆書の誕生」が意味するもの
  • 日本語の基本構造
  • 「書」から見た中国・日本の歴史
  • 草書体と手
  • 書きぶりのなかの姿
  • 筆触から筆蝕へ
  • 吉増剛造の筆蝕的解剖
  • ワープロと身体感覚
  • 情報化社会の行きつくところ
  • 人間の触覚がもつ二重性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書字が教えてくれる
著作者等 石川 九楊
福原 義春
書名ヨミ ショジ ガ オシエテクレル
シリーズ名 福原義春サクセスフルエイジング対談 / 福原義春 著
出版元 求龍堂
刊行年月 2000.4
ページ数 127p
大きさ 19cm
ISBN 476300011X
NCID BA47054674
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20143236
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想