何が正しい経済政策か : 現代マクロ政策論争の検証

井上謙吾 著

本書は、日本銀行で金融・経済の分析に長年携わった経験をもつ著者が、マクロ政策の効果とコスト、相矛盾する政策目標間の優先順位を明らかにしたうえで、量的緩和論を退け、景気刺激策としては金融政策よりも財政政策が主役を果たすべきこと、不況政策と構造調整策は矛盾しないこと、「銀行は特別なもの」としてとられた金融システムをめぐるソフト・ランディング政策は妥当であったことなどを、堅固な論理構成で解明。ゼロ金利解除問題も含め、「失われた10年」におけるマクロ政策を総検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 金融政策の是非を問う(マネーサプライの伸びは低過ぎたか
  • ベースマネーを操作目標とすべきか-「量的緩和論」1 ほか)
  • 第2章 財政再建か景気重視か(財政政策の効果
  • 財政政策効果への理念的疑問 ほか)
  • 第3章 金融システム問題は正しく処理されたか(銀行の貸し渋り問題の検証
  • 金融システム対策は適切だったか ほか)
  • 第4章 構造調整と景気政策(過剰設備をめぐる誤解
  • 雇用問題と「過剰設備」との関連 ほか)
  • 終章 何が正しい経済政策か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 何が正しい経済政策か : 現代マクロ政策論争の検証
著作者等 井上 謙吾
書名ヨミ ナニ ガ タダシイ ケイザイ セイサク カ : ゲンダイ マクロ セイサク ロンソウ ノ ケンショウ
書名別名 Nani ga tadashii keizai seisaku ka
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2000.6
ページ数 278p
大きさ 20cm
ISBN 4532148367
NCID BA47042766
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20073356
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想