新編学問の曲り角

河野与一 著 ; 原二郎 編

「遊びながら哲学をしている」と哲学者田辺元に言わせるほど学問を楽しんだ河野与一。その該博な学識と旺盛な知識欲の対象は、「欠伸がうつる」の典拠や「プラトニック・ラヴ」の由来、といった問題にも及ぶ。話題の豊富さと語り口の軽妙さから長く親しまれた『学問の曲り角』の新編文庫版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アリストテレスの欠伸論
  • 源流に遡る-プラトニック・ラヴ考
  • ライプニツはモリエールを観たか
  • ベルクソンの洗礼
  • ローマ時代の弔辞
  • 古代における慰め
  • ローマの饗宴
  • 古代に於ける虱
  • 弁論術師の月謝
  • 貨幣と独裁者〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新編学問の曲り角
著作者等 原 二郎
河野 与一
書名ヨミ シンペン ガクモン ノ マガリカド
書名別名 Shinpen gakumon no magarikado
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.6
ページ数 255p
大きさ 15cm
ISBN 4003116410
NCID BA47031045
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20086021
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想