育児室からの亡霊

ロビン・カー=モース, メレディス・S.ワイリー 著 ; 朝野富三, 庄司修也 監訳

脳の発達にとって最も重要な受胎からの33か月間が人生を決定づける。暴力からわが子を救うことはできるのか。いま子供への「まなざし」が問われている。誰にも気づかれず暴力の種が脳にまかれ、芽生え、犯罪となり、社会をむしばんでいく。凶悪犯罪がますます低年齢化する今、この本はヒトというシステムの崩壊に警鐘を鳴らしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 暴力の方程式を解く鍵
  • 第2章 脳が犯罪の引き金をひく
  • 第3章 知らないうちに犯罪の種はまかれる
  • 第4章 はじめの不幸な体験と暴力の芽生え
  • 第5章 扱いにくい子供たち-三つの行動障害
  • 第6章 犯罪を招くのは素質か環境か
  • 第7章 暴力の温床となる心の傷(トラウマ)
  • 第8章 凍りついた心をもつ子供たち
  • 第9章 父親はどこへ?
  • 第10章 子供が人間から殺人鬼にかわるとき
  • 第11章 子供へのまなざしが問われる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 育児室からの亡霊
著作者等 Karr-Morse, Robin
Wiley, Meredith S
庄司 修也
朝野 富三
Karr‐Morse Robin
Wiley Meredith S.
ワイリー メレディス・S.
カー=モース ロビン
書名ヨミ イクジシツ カラノ ボウレイ
書名別名 Ghosts from the nursery

Ikujishitsu karano borei
出版元 毎日新聞社
刊行年月 2000.5
ページ数 350p
大きさ 20cm
ISBN 4620314455
NCID BA47002921
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20155454
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想