粋な旋盤工

小関智弘 著

粋な旋盤、小粋な仕上げ、馬鹿でもできるターレット。かつて町工場には、劣悪な労働条件のもとで、ものづくりの技術をもった誇りたかい職人がたくさん生きていた。不況に喘ぎつつ、無気力・無感動・無抵抗の現在に、働くことの意味を問い、沈滞社会の桎梏をつきくずす粋な闘いをよびかける旋盤工作家小関さんの処女作を再び世に問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 粋な旋盤工
  • ベルトのリズム
  • 沈黙あるいは負の表現
  • 旋盤工の三八銃
  • マニラ麻の刃物
  • 朝鮮おやじ
  • いつも「異状ナシ」
  • 十年ぶりの電話
  • 内職いろいろ
  • 間の抜けたスリ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 粋な旋盤工
著作者等 小関 智弘
書名ヨミ イキナ センバンコウ
書名別名 Ikina senbanko
シリーズ名 岩波現代文庫 : 社会
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.6
ページ数 243p
大きさ 15cm
ISBN 4006030169
NCID BA46997650
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20086019
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想