バイオの扉 : 医薬・食品・環境など32のトピックス

斎藤日向 監修 ; 森明彦 編集代表

本書ではバイオが応用されている各分野で、その実態を明らかにし、どのようなことが可能になり、世の中にどのような利益がもたらされたか、あるいはもたらされようとしているかを、やさしく解説しています。1998年から99年にかけてのトピックスを紹介しました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 基礎(バイオテクノロジー今昔
  • 世界でもっとも小さな化学工場 ほか)
  • 第2編 医薬・化粧品(遺伝子治療
  • ゲノム解析から病気の遺伝的要因の解明へ ほか)
  • 第3編 食品(醸造とバイオ
  • お酒と名水 ほか)
  • 第4編 植物・動物(遺伝子組換え作物
  • 遺伝子組換え食品の安全性 ほか)
  • 第5編 環境・そのほか(微生物農薬
  • 地球環境問題とバイオ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイオの扉 : 医薬・食品・環境など32のトピックス
著作者等 斎藤 日向
森 明彦
書名ヨミ バイオ ノ トビラ : イヤク ショクヒン カンキョウ ナド 32 ノ トピックス
書名別名 Baio no tobira
出版元 裳華房
刊行年月 2000.5
ページ数 262p
大きさ 21cm
ISBN 4785358327
NCID BA46975385
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20074624
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想