権利としてのデモクラシー

岡田憲治 著

「デモクラシー」を一貫して擁護しようとするダールの格闘を、20世紀国家の軌跡に重ね合わせながら追体験する。「自己決定というエロス」に支えられたデモクラシー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 主題の抽出:ダール批判とはなにか
  • 第2章 権力:デモクラシーの過程論的理解
  • 第3章 信念:ポリアーキーをよしとするリーダーの規範
  • 第4章 主体:ポリアーキーの規模とデモス
  • 第5章 権利と実践:ポリアーキーのよりいっそうの民主化へ
  • 第6章 評価:現代民主主義理論とダール

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 権利としてのデモクラシー
著作者等 岡田 憲治
書名ヨミ ケンリ ト シテノ デモクラシー : ヨミガエル ロバート ダール
書名別名 甦るロバート・ダール

Kenri to shiteno demokurashi
出版元 勁草書房
刊行年月 2000.5
ページ数 246, 10p
大きさ 22cm
ISBN 4326301376
NCID BA46969928
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20072701
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想