現代日本のコーポレート・ガバナンス

稲上毅, 連合総合生活開発研究所 編著

日本的経営を超えるコーポレート・ガバナンスはいかにあるべきか。企業と雇用の変貌のゆくえを、企業トップへのアンケートに基づき、社会学・経済学・会社法・労働法の視点から分析・展望。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 新日本型コーポレート・ガバナンスと雇用・労使関係
  • 第1章 日本企業のコーポレート・ガバナンス:現状と展望
  • 第2章 コーポレート・ガバナンスの日本型と非日本型
  • 第3章 経営者のキャリアと報酬の実態
  • 第4章 コーポレート・ガバナンス論と会社法
  • 第5章 日米独のコーポレート・ガバナンスと雇用・労使関係-比較法的視点から
  • 第6章 コーポレート・ガバナンスと労働組合
  • 要約と結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代日本のコーポレート・ガバナンス
著作者等 稲上 毅
連合総合生活開発研究所
連合総研
書名ヨミ ゲンダイ ニホン ノ コーポレート ガバナンス
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2000.6
ページ数 346p
大きさ 22cm
ISBN 4492530851
NCID BA46968696
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20073006
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想