エベレスト・ママさん

田部井淳子 著

1975年5月16日午後12時30分。田部井淳子は世界最高峰に女性として初めての足跡を記した。「白い山」にあこがれて山岳会の扉をたたき、憑かれたように山行を重ねた青春時代。そして結婚し、母となってからも夢を追い続け、8848メートルの頂を極めるまでの半生を綴った最初の著作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 山との出あい
  • 2 「白い山」と「めぐりあい」
  • 3 「結婚」そして「友の死」
  • 4 ヒマラヤ「夢」と「現実」
  • 5 アンナプルナ「女のたたかい」
  • 6 女だけの八八四八メートル
  • 7 「撤退」か「前進」か
  • 8 「タベイサン」頂上だよ
  • 9 そして「これから」のこと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エベレスト・ママさん
著作者等 田部井 淳子
書名ヨミ エベレスト ママサン : ヤマノボリ ハンセイキ
書名別名 山登り半生記

Eberesuto mamasan
シリーズ名 Yama-kei classics
出版元 山と溪谷社
刊行年月 2000.4
ページ数 253p
大きさ 20cm
ISBN 4635047059
NCID BA4695726X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20140746
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想