東亜の構想 : 21世紀東アジアの規範秩序を求めて

大沼保昭 編著

21世紀の日本、東アジア、世界の平和と安定。いま必要なのは、21世紀の問題の所在を見極め、諸々の対立を調整、緩和、解決する規範的な枠組みである。本書は、気鋭の研究者集団による厳密な学問的検討をふまえた。東アジアの新たな規範秩序の構想と提言である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 リベラル・デモクラシーと「アジア的価値」
  • 第2章 不干渉原則と中国
  • 第3章 東アジア規範秩序の構築に向けて-朝鮮半島からの視点
  • 第4章 東南アジアからみた「東亜の構想」-アセアンの広域秩序形成力と日本
  • 第5章 日本政治の再編成と東アジア規範秩序の創造
  • 第6章 「情報革命」と東アジアの国際秩序
  • 第7章 東アジアにおける国際規範実現の組織的基盤-国家間関係を基礎とする漸進的方式の意義と課題
  • 第8章 文際的人権を求めて-東アジア規範秩序の形成と日本の役割

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東亜の構想 : 21世紀東アジアの規範秩序を求めて
著作者等 大沼 保昭
書名ヨミ トウア ノ コウソウ : 21セイキ ヒガシアジア ノ キハン チツジョ オ モトメテ
書名別名 Toa no koso
出版元 筑摩書房
刊行年月 2000.4
ページ数 303p
大きさ 22cm
ISBN 4480867163
NCID BA46951558
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20074652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想