SNP遺伝子多型の戦略 : ゲノムの多様性と21世紀のオーダーメイド医療

中村祐輔 編

本書は、SNPなどの遺伝子多型が医療にとってなぜ重要なのか、また、どのように遺伝子多型を利用することによって疾患遺伝子の同定が可能なのかを解説することを目指したものである。当然のことながら、これらの遺伝子研究を進めていくうえで、あるいは、それらの情報を医療に応用する段階においては、一歩間違えば社会的に非常に大きな問題を引き起こす可能性を秘めており、これらの生命倫理的な観点や社会への対応についても紹介している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 遺伝子多型の意義(SNPの医学的意義
  • 転写、翻訳調節因子としてのVNTR
  • 遺伝子多型を利用した疾患遺伝子研究-その理論 ほか)
  • 第2章 SNPタイピング法(TaqMan PCR法およびInvader法によるSNPタイピング
  • MALDI‐TOF/MS法によるSNPタイピング
  • RCA法を用いたSNPタイピング ほか)
  • 第3章 遺伝子多型研究と生命倫理(遺伝子多型研究と生命倫理
  • ゲノム情報の社会的利用とマスコミの役割)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 SNP遺伝子多型の戦略 : ゲノムの多様性と21世紀のオーダーメイド医療
著作者等 中村 祐輔
榊 佳之
松原 謙一
書名ヨミ SNP イデンシ タケイ ノ センリャク : ゲノム ノ タヨウセイ ト 21セイキ ノ オーダーメイド イリョウ
シリーズ名 ポストシークエンスのゲノム科学 / 松原謙一, 榊佳之 監修 1
出版元 中山書店
刊行年月 2000.6
ページ数 182p
大きさ 21cm
ISBN 4521610110
NCID BA46947572
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20164644
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想