朝鮮と日本の関係史 : 善隣と友好の歴史

権仁燮 著 ; 朴鐘鳴 監修

朝鮮と日本の関係は、基本的には、日本列島への朝鮮からの高い文化・技術の移植によって開始され、少なくとも2,000年以上の良好な関係にあった。本書ではまずその関係をいくつかの事例をもって明らかにした。次に、両国関係史の一部分に不幸な関係があった。その間、両国人民、とくに朝鮮民衆に及ぼした被害の大きさについていくつか示した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 石が道具であった時代-深く広い朝・日の友好的なかかわり
  • 第2章 古代朝鮮諸国と日本
  • 第3章 日本の古墳時代
  • 第4章 日本の文化を育んだ朝鮮
  • 第5章 忘れられた大国-渤海
  • 第6章 動乱の東アジア
  • 第7章 平和への努力とその定着
  • 第8章 戦い、そして平和へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 朝鮮と日本の関係史 : 善隣と友好の歴史
著作者等 朴 鐘鳴
権 仁燮
書名ヨミ チョウセン ト ニホン ノ カンケイシ : ゼンリン ト ユウコウ ノ レキシ
出版元 明石書店
刊行年月 2000.5
ページ数 243p
大きさ 22cm
ISBN 4750312797
NCID BA46913377
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20074943
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想