弁証法の復権

津田道夫 著

本書は、既発表のものと、新たに書き下したものから構成されるが、プロローグとエピローグに明らかなように、一定の問題意識のもとに体系的に編集されている。それは、弁証法・弁証法的方法の解説になっているのと併せて、ポレーミックの書でもあり、同時に弁証法の入門書となってもいると確信する。すぐれた意味での入門書とは、個別の問題の分析のなかに、弁証法が、いかに生かされ、媒介適用されているかによると、著者は考えるからである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 弁証法は有効性をとり戻しうるか
  • 2 スターリン「哲学」批評と三浦つとむ-続・弁証法は有効性をとり戻しうるか
  • 3 弁証法の復権-中間的なもの、偶然と必然
  • 4 マルクス主義と道徳論-否定の否定の実践
  • 5 レーニン「哲学」の検討-併せていいだもも、不破哲三ほかの批判
  • エピローグ いま、なぜ三浦つとむか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 弁証法の復権
著作者等 津田 道夫
書名ヨミ ベンショウホウ ノ フッケン : ミウラ ツトム サイドク
書名別名 三浦つとむ再読

Benshoho no fukken
出版元 社会評論社
刊行年月 2000.5
ページ数 240, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4784508449
NCID BA46912090
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20067455
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想