<関係>の詩学

エドゥアール・グリッサン 著 ; 管啓次郎 訳

マルティニク。地球を流浪する魂たちの場。セゼール、ファノンから、コンフィアン、シャモワゾーまで。その中にあって誰よりも壮麗な響きを奏で続けるクレオールの星座の結節点、それがエドゥアール・グリッサンだ。もっとも小さな情景や叫びに"世界の響き"を聴きとり、閃光とともに炸裂するカオスの中に"関係"の網状組織を見抜きつつ、あらゆる支配と根づきの暴力を否定する確信と持続。グリッサンの思考がもっとも精緻に展開された、圧倒的な批評の軌跡。ロジェ・カイヨワ賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 接近-一つの接岸、千の渡り
  • 2 基本要素、地水火風-基本的なものは絶対的にみずからを再構成する。
  • 3 さまざまな道程-声に出して、隔たりを記すために
  • 4 理論-理論とは不在、曖昧、そして吉兆
  • 5 詩学-ありつつあるもの、その実質において無限の多様

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 <関係>の詩学
著作者等 Glissant, Édouard
管 啓次郎
Glissant 'Edouard
グリッサン エドゥアール
書名ヨミ カンケイ ノ シガク
書名別名 Poétique de la relation
出版元 インスクリプト : 河出書房新社
刊行年月 2000.5
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 4309903959
NCID BA46905674
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20157802
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想