精神神経内分泌免疫学 : 心とからだのネットワーク、その仕組み

神庭重信, 久保田正春 編著

本書の企画にあたっては、精神神経内分泌免疫学の進歩により明らかになった精神疾患の新たな一面を紹介し、それを読者に理解していただけるような構成とした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 精神神経内分泌免疫学の基礎(精神神経内分泌免疫学の概観
  • ストレスと神経内分泌免疫系
  • ステロイドホルモンと脳の構造、機能
  • 脳内バソプレッシン系の精神神経内分泌免疫学 ほか)
  • 第2部 精神神経内分泌免疫学と臨床医学(精神神経疾患と精神免疫学
  • 精神神経疾患と神経内分泌学
  • エイズ、内分泌疾患にみられる精神症状
  • 痴呆と神経内分泌免疫系)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神神経内分泌免疫学 : 心とからだのネットワーク、その仕組み
著作者等 久保田 正春
神庭 重信
書名ヨミ セイシン シンケイ ナイブンピ メンエキガク : ココロ ト カラダ ノ ネットワーク ソノ シクミ
書名別名 Seishin shinkei naibunpi men'ekigaku
シリーズ名 新精神科選書 7
出版元 診療新社
刊行年月 2000.2
ページ数 238p
大きさ 21cm
ISBN 4915917614
NCID BA46850415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20080967
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想