「無産階級」の時代 : 近代日本の社会運動

林宥一 著

社会運動の高揚を迎えた日本の1920年代。農村と都市における「階級」運動の構造を分析し、大衆社会・大衆民主制の形成過程をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 階級社会状況の成立(歴史的用語としての「無産階級」
  • 社会変容の性格)
  • 第2章 無産階級論の諸相(「ロシア革命=労農同盟」型無産階級論
  • 政治的多元主義にもとづく倫理的無産階級論 ほか)
  • 第3章 無産階級運動の構造(都市と農村
  • 農村社会運動 ほか)
  • 第4章 階級の成立と地域社会-労働・農民運動組織化とその影響(明治地方自治制の不適応
  • 労働・農民運動と地方自治 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「無産階級」の時代 : 近代日本の社会運動
著作者等 林 宥一
書名ヨミ ムサン カイキュウ ノ ジダイ : キンダイ ニホン ノ シャカイ ウンドウ
書名別名 Musan kaikyu no jidai
シリーズ名 シリーズ日本近代からの問い 4
出版元 青木書店
刊行年月 2000.6
ページ数 239p
大きさ 20cm
ISBN 4250200183
NCID BA46849165
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20092644
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想