戦犯裁判と性暴力

内海愛子, 高橋哲哉 責任編集

強かんや強制売春はれっきとした戦争犯罪である。過去の戦犯裁判は、「慰安婦」制度をどのように位置づけ、戦時下での女性への性暴力をどう裁いたのだろうか。VAWW‐NET Japan(バウネット・ジャパン、「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク)は、2000年12月に「日本軍性奴隷制を裁く女性国際戦犯法廷」を開くにあたり、ジェンダーの視点による戦争責任の徹底的な問い直しを始めた。その成果の一つが本シリーズである。本巻では、これまで戦争犯罪が、とくに戦時性暴力がどのように裁かれてきたのか、過去の戦犯裁判だけでなく、現在の各国における紛争時の人権侵害への取り組みもとりあげ明らかにした。"裁く"ことの意味を改めて問い直し、戦犯裁判をジェンダーの視点から描く初の試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 戦犯裁判の原点(「人道に対する罪」の成立
  • 戦時性暴力とニュルンベルク国際軍事裁判
  • 戦時性暴力と東京裁判)
  • 第2部 戦犯裁判の展開(BC級裁判-イギリス裁判は何を裁いたか
  • 中華人民共和国の戦犯裁判
  • イスラエルのアイヒマン裁判-イスラエル現代史における意味 ほか)
  • 第3部 裁かれる現代の人権侵害(旧ユーゴスラビア紛争-女性への暴力と国際刑事法廷
  • 南アフリカ-真実和解委員会と女性たち
  • ラテンアメリカ-人権侵害と加害責任 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦犯裁判と性暴力
著作者等 内海 愛子
高橋 哲哉
バウネットジャパン
書名ヨミ センパン サイバン ト セイ ボウリョク
シリーズ名 日本軍性奴隷制を裁くー2000年女性国際戦犯法廷の記録 / VAWW-NET Japan 編 第1巻
出版元 緑風
刊行年月 2000.5
ページ数 332p
大きさ 20cm
ISBN 4846100065
NCID BA46803787
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20070019
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想