近所づきあいの風景 : つながりを再考する

福井勝義 編

本講座は、私たち一人ひとりの生き方を、地球的な視野をもって問いなおしていこうとするものです。今日みられる環境問題は、人類が育んできた文化が自然のリズムから遊離してしまったところに起因しているのではないでしょうか。本講座では、こうした視点にたって、私たちの生命と暮らしをめぐる環境をあらためてみつめていきたいと思います。揺れ動くつながり、生まれゆく絆。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 再生される近所づきあい(移住一世の「故郷」づきあいの風景
  • 踊り繋がる人びと-ハワイにおけるオキナワン・エイサーの舞台から
  • 「民族性」と「在地性」-ジャワの鄭和祭にみる交錯)
  • 第2部 移動する近隣関係の背景は(離れれば心は寛容に-離合集散に生きる遊牧社会
  • 隣人と間借り人-農村の住民であるあり方)
  • 第3部 つながりの諸相(老人たちが再生させた橋修理-中国の少数民族トン族の民間公益活動における近所づきあい
  • 神と人の関係、人と人の関係-北ベトナム村落におけるハウボンの役割をめぐって
  • 故郷を紡ぎだす同郷団体-七浦小学校同窓会を事例として ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近所づきあいの風景 : つながりを再考する
著作者等 福井 勝義
李 仁子
書名ヨミ キンジョズキアイ ノ フウケイ : ツナガリ オ サイコウスル
書名別名 Kinjozukiai no fukei
シリーズ名 講座人間と環境 / 福井勝義, 秋道智彌, 田中耕司 企画編集 第8巻
出版元 昭和堂
刊行年月 2000.5
ページ数 284, 3p
大きさ 21cm
ISBN 4812299187
NCID BA46781607
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20070713
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想