カオスとシミュレーション

ノルベルト・ボルツ [著] ; 山本尤 訳

新しいメディア論『グーテンベルク銀河系の終焉』に至るまでの理論的思索の書。現代コンピューター技術によって「無害化」された「カオス」の概念を思想史の中で再検討する試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 不規則なものの帰還(原初の区別
  • 怪物
  • 中身がごちゃまぜの壷とぱっくり開いた大きな口 ほか)
  • 第2章 雑踏の中からの秩序(技巧的カオスモス
  • フラクタルな知)
  • 第3章 存在とデザイン(演出されたメトロポリス
  • ポスト・イストワールの美学
  • 「かのように(als ob)」の政治
  • 美しく、新しいコンピューター世界)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カオスとシミュレーション
著作者等 Bolz, Norbert W
山本 尤
Bolz Norbert
ボルツ ノルベルト
書名ヨミ カオス ト シミュレーション
書名別名 Die Welt als Chaos und als Simulation

Kaosu to shimyureshon
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 679
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2000.5
ページ数 200, 12p
大きさ 20cm
ISBN 4588006797
NCID BA46775921
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20077539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想