弘安書札礼の研究 : 中世公家社会における家格の桎梏

百瀬今朝雄 著

本書は、公家社会の身分関係との関聯において弘安書札礼をみるとき、どのような時代像がみえてくるかを主題に考察した論稿から成っている。第1部において、弘安書札礼を中心に、書札礼の社会的状況を、第2部では公家社会において、もっとも書札礼の意義に関わった名家・諸大夫についての研究をまとめた。第3部には、著者の古文書に関する雑稿を、第4部は偽文書に関する小論を併載している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 書札礼の世界(手紙の作法-「内」と「外」の礼の理念
  • 『弘安礼節』写本に関する一考察 ほか)
  • 第2部 桎梏の家格(諸大夫に関する一考察
  • 中納言への道(参議労十五年
  • 参議大弁・検非違使別当) ほか)
  • 第3部 古文書学雑篇(官宣旨と弁官下文
  • 重紙と裏紙 ほか)
  • 第4部 偽文書雑攷(偽文書について
  • 北条(金沢)顕時寄進状・同書状案について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 弘安書札礼の研究 : 中世公家社会における家格の桎梏
著作者等 百瀬 今朝雄
書名ヨミ コウアン ショサツレイ ノ ケンキュウ : チュウセイ クゲ シャカイ ニ オケル カカク ノ シッコク
書名別名 Koan shosatsurei no kenkyu
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2000.5
ページ数 331, 7p
大きさ 22cm
ISBN 4130201247
NCID BA46772242
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20081869
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想