レオロジーと地球科学

唐戸俊一郎 著

本書は、生きた地球のダイナミクスについて、ミクロとマクロ両方のレベルでの研究を総合させ、さまざまな観測データをもとに、確固とした定量的科学として確立させる試みの一部を紹介したものである。境界領域の科学の1つとしての地球内部ダイナミクスを紹介した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地球の層構造と構成物質
  • 第2章 プレートの形成:部分溶融と水の役割
  • 第3章 地震波トモグラフィーとマントル対流
  • 第4章 マントルの物質循環とレオロジー
  • 第5章 深発地震の発生メカニズム
  • 第6章 核のダイナミクス
  • 第7章 比較惑星学と惑星物質のレオロジー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 レオロジーと地球科学
著作者等 唐戸 俊一郎
書名ヨミ レオロジー ト チキュウ カガク
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2000.5
ページ数 251p
大きさ 22cm
ISBN 4130607316
NCID BA46771807
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20081871
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想