日韓民俗文化比較論

金宅圭 著

本書には、神話から現在の村落に至るまで日韓両文化の基層へのアプローチを試みた七編の論考が収めてある。まず、比較試論の可能性と当為性を、古代文化の実像をふまえて記述し、中世以後、互いに異なる文化として展開された両文化の本質にふれており、次に、日本古代文化の中にある韓文化との比較の試みと、具体的にその実像の分析を試みた比較試論へと進む。また、韓国における民俗祭儀(村祭り)、食文化などに関する二編の論考も収録する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日韓文化の比較を巡る幾つかの視点
  • 第2章 新羅及び古代日本の神仏習合について
  • 第3章 韓国の血縁共同体-いわゆる同族村落をめぐる若干の覚え書
  • 第4章 日韓両国のいわゆる「同族」村落に関する比較研究
  • 第5章 東アジア諸地域の族体系について-族体系の理念と実態からみた連続と変容に関する比較試論
  • 第6章 礼俗と民俗の変容に関わる一試論-東海岸一農漁村における民俗祭儀の班礼化現象
  • 第7章 韓民族の食文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日韓民俗文化比較論
著作者等 金 宅圭
書名ヨミ ニッカン ミンゾク ブンカ ヒカク ロン
書名別名 Nikkan minzoku bunka hikaku ron
出版元 九州大学出版会
刊行年月 2000.5
ページ数 359p
大きさ 22cm
ISBN 4873786304
NCID BA46726460
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20084124
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想